アンケートサイト

サイバーパネルの詳細を解説 サブとして稼ぐアンケートサイト

2021年5月22日

こんにちは!発達障害者KIEIです。

この記事ではアンケートサイト「サイバーパネル」の詳細を解説します。

アンケートサイトとは、その名の通りPCやスマホでアンケートに回答してポイント獲得、交換、換金する事で稼ぐサイトになります。

結論から言うとアンケートの配信量が多くないため、メインに据えるのではなく、サブのアンケートサイトとして稼いでいくのが望ましいです。

サイバーパネルの基本情報

日本リサーチセンターが運営

1960年に設立された会社です。

事業内容は内外の市場および世論、経済・社会・地域などに関する調査・研究とその受託が中心です。

上場はしていませんが株主にはトヨタ自動車(証券コード:7203)や森永乳業(証券コード:2264)、中外製薬(証券コード:4519)など有名な大企業が並んでおり、結構凄いです。

登録条件は日本在住の15歳以上(中学生除く)であれば誰でも登録可能です。

ポイントのレートは1P=1円でポイントの最低交換可能額は10P(10円)~です。

ポイントの有効期限はありませんが、年に一回程度依頼される「登録情報の更新手続き」の更新期間中に登録情報の更新を行わなかった場合、更新期間終了時点でポイントが全て失効します。

サイバーパネルの特徴

アンケート単価は高い

多くのアンケートサイトに登録してきてサイバーパネルの特徴として感じるのは、配信量は少ないがアンケート単価は高いという点です。

この程度の設問数でこんなにポイント貰えるの!?というようなアンケートをいくつも経験しました。

アンケートの配信は、年代や性別など個人差があるので一概に論じる事は出来ませんが私には好印象のアンケートサイトです。

サイバーパネル登録はコチラ

ポイントの最低交換額が非常に低い

サイバーパネルは、直接金融機関へポイントを換金する事が出来ません。

そのため、ポイント交換先である「PeX」へ交換して「PeX」から金融機関へ交換する事になります。

「PeX」への最低交換可能額はわずか10P(10円)~であり、驚異的です。

アンケートの配信頻度が低いデメリットを補完出来るのでサイバーパネルでは「PeX」への交換をおすすめします。

PeXの詳細は以下の記事で解説しています。宜しければご覧下さい。

PeX(ペックス)の詳細を解説 ポイント運用可能な交換サイト!

こんにちは!発達障害者KIEIです。 この記事ではポイント交換サイト「PeX」の詳細を解説します。 基本的な利用方法は、同じくポイント交換サイトである「.money」と同様です。 しかし、「PeX」に ...

続きを見る

他にも交換先として「QUOカードPay」や「図書カード」、寄付も選択出来ます。

寄付は5Pからですが「QUOカードPay」は50P、「図書カード」は500Pからの交換になります。

サイバーパネルの注意点

アンケートの配信頻度が低い

「マクロミル」や「リサーチパネル」と比較すると配信頻度が非常に低いです。正直、雲泥の差です。全く違います。

サイバーパネルに限らず、アンケートサイトにおいてアンケートの配信頻度は、高ければそれだけポイントを稼げるチャンスですから明らかなデメリットです。

そのため、サイバーパネルはアンケート単価は高いのですが、配信頻度が低いので月換算では大した金額にはなりません。

この事からメインに据えるタイプのアンケートサイトではありません。

ポイント交換先が少ない

サイバーパネルには、上記画像の通り4種類のポイント交換先しかありません。

寄付を除けば実質3種類で金融機関への換金を目的とするならば「PeX」一択しかありません。

最低交換可能額が非常に低いのであまり気にならないかもしれませんが、物足りなさを強く感じるラインナップです。

嘘偽りなく誠実に回答する

サイバーパネルに限りませんが、アンケートには誠実に回答しましょう。

不誠実な回答が続くとアンケート自体届かなくなったり、退会処分になる場合があります。

質問や説明文はよく読む

アンケートの中にはチェック設問と言ってしっかり質問や説明文、項目を読んでいるか確認する設問が出てくる場合があります。

その設問で矛盾する回答や間違った回答をしてしまうとポイントの獲得が出来なかったり、今後のアンケートの配信に影響が出てきたりと不利益を被る場合があります。

アンケートの内容は漏らさない

アンケートの内容は、外部に漏らしてはいけない事になっています。SNSやインターネット掲示板、家族も対象です。

たまに内容をSNSで呟いたりしている人を見ますが、これは明確な規約違反です。退会処分はもちろん、内容によっては法的措置の対象になる場合があります。

絶対にやめましょう。

無理に回答する必要はない

アンケートが届くと全て回答しなくてはと思ってしまう方もいるかと思いますが、無理に回答する必要はありません。

体調が悪かったり時間がないなど回答が難しい場合に無理する必要はありません。

回答の途中であってもやめてしまって大丈夫です。ご自身の都合を優先して下さい。

中には答えづらい質問やまれに選択肢がおかしい場合があります。

その場合、自己判断で適当な回答をする方が問題になります。アンケートを中断しましょう。

サイバーパネルのまとめ

アンケート単価は高いですがやはり配信頻度の低さが足を引っ張っているアンケートサイトです。

しかし、ポイントの最低交換可能額が非常に低い事を考えると登録する必要がないサイトとまでは言えません。

「マクロミル」や「リサーチパネル」をメインのアンケートに据えつつ、サブのアンケートサイトとして登録してアンケートが配信されれば回答するというような気軽な使い方で良いと思います。

また、アンケートの回答自体に難しい事は一切なく、発達障害等を抱える私でも7年以上続けられているので大丈夫ですよ。

発達障害者の私でもコツコツと回答を続けていると気が付けば結構なポイントが貯まっています。

上記画像は2020年11月から2021年4月までのサイバーパネルでの月別獲得ポイントですが、運良く高単価アンケートが配信されると1ヵ月で2000P近く稼げる場合もあります。

獲得したポイントを交換して銀行口座に振り込まれた時は、やはり嬉しいです。

小さな一歩かもしれませんが出来る事から始めてみませんか?

下記バナーから登録後アンケート回答で100ポイントプレゼント

下記バナーから登録後、1回以上アンケートに回答すると100ポイントが貰えます。

サイバーパネル登録はコチラ

-アンケートサイト

© 2021 発達障害者KIEIのブログ Powered by AFFINGER5