ポイントサイト

ネットマイルの詳細を解説 定期預金による運用はあるが……

こんにちは!発達障害者KIEIです。

この記事では、ポイント交換サイト「ネットマイル」の詳細を解説します。

ポイントサイト「すぐたま」に登録している場合は、必ずお世話になるサイトです。

一応、他のポイントサイトとも提携しているので「ネットマイル」にポイントを集約する事も可能ではあります。

しかし、基本的には「すぐたま」専用のポイント交換サイトという感じです。

ポイントサイト「すぐたま」の詳細は以下の記事で解説しています。宜しければご覧下さい。

すぐたまの詳細を解説 ebookjapanが超高還元率!

こんにちは!発達障害者KIEIです。 この記事では、ポイントサイト「すぐたま」の詳細を解説します。 名前の由来はポイントが「すぐ」に「たまる」から付けられています。 文字通りすぐに貯まるかは、案件の内 ...

続きを見る

ネットマイルの基本情報

株式会社INMホールディングスが運営

東証マザーズ上場の株式会社ウィルズ(証券コード:4482)の完全子会社です。

他にポイントサイト「すぐたま」の運営も行っています。

レートは2mile=1円

マイルは、有効期限のないマイルと期限付きマイルの2種類が存在します。

最低交換額は、金融機関の場合だと1000mile(500円)~

手数料はAmazonギフト券などは無料ですが、金融機関への交換だと100mile(50円)~300mile(150円)掛かります。

マイルの有効期限については最後にマイルを獲得してから180日間、有効期限のないマイルの獲得が無い場合、全て失効します。

ネットマイルの特徴

ネットマイル定期預金

ネットマイルではすぐたまで獲得したり、他のポイントサイトから移行したマイルを「ネットマイル定期預金」で運用出来ます。

「ネットマイル定期預金」は、毎月募集しており、利率1.5%、預入期間6ヵ月、最小200mile~最大50000mile(100円~25000円)で預入可能です。

定期預金ですので元本割れリスクはありません。

注意点としては、申込は募集期間中に1人1回まで、マイル定期預金に期限付きマイルは使用出来ず、満期までマイルは返還されません。

また、利息分は通常のマイル(期限なし)で付与されます。

交換先は豊富

他のポイントサイトとの提携は少ないですが、意外にも交換先は豊富です。

有名どころはしっかりと抑えており、交換先に困るという事は無いはずです。

他にも食べ物やバスタオル、体組成計など非常に豊富な選択先から交換する事が出来ます。

ネットマイルの注意点

交換手数料

ネットマイルを利用するにあたって避けられないのが金融機関への交換手数料です。

ネットマイルは「すぐたま」で獲得したマイルや他のポイントサイトから移行したマイルを交換・換金する事になります。

ネットマイルとすぐたまでは「げん玉」と「RealPay」とは違い、共通の通帳になっておりマイルの移行をせず、ネットマイル側でポイントの交換手続きを行う事になります。

一番良いのはすぐたま側で直接交換出来るようになる事だと思いますが……

金融機関への交換は、100mile~300mile(50円~150円)の手数料が必要になります。

金融機関でおすすめの交換先は、「みずほ銀行」「三井住友銀行」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」です。

いずれも手数料が金融機関への交換としては最低の100mileとなっており、無駄を最小限に抑えられるのでおすすめです。

一方でAmazonギフト券やKyashへの交換は、手数料無料で行えますので一切の無駄がありません。

無料コンテンツ

正直なところ利用する価値は無いです。大したマイルは得られません。

ネットマイル定期預金の利用やマイルの交換・換金が主なので他のポイントサイトのコンテンツで稼ぎましょう。

他のポイントサイトとの提携が少ない

ネットマイルは一応「.money」や「PeX」同様ポイント交換サイトであり、他のポイントサイトのポイントを合算する事が出来るサイトです。

しかし、他のポイントサイトとの提携が少ないので事実上「すぐたま」専用のポイント交換サイトという感じになってしまっています。

そのため、ポイント合算を目的とした利用には向かないポイント交換サイトというのが現状の評価です。

ネットマイルのまとめ

正直なところ、ポイント交換サイトとしては非常に中途半端な存在です。

手数料面では「.money」にポイントの運用面では「PeX」の後塵を拝しています。

「.money」「ネットマイル」双方と提携しているポイントサイトからの交換を考えるならば金融機関への交換手数料無料の「.money」一択です。

あくまでネットマイルは「すぐたま」専用のマイル交換サイトとしての利用にとどめるべきでしょう。

一方で「ネットマイル定期預金」には利用価値があると考えます。

「PeX定期預金」と同じ利率、預入期間にもかかわらず「PeX」ほどの提携数を抱えていないためユーザー間の競争率が低く、現段階では利用しやすい環境にあると思います。

すぐたま」で稼いだマイルを元本保証で運用したいなら非常に良い選択肢です。

「.money」「PeX」の詳細は以下の記事で解説しています。宜しければご覧下さい。

.money(ドットマネー)の詳細を解説 ポイント集約先はこのサイト!

こんにちは!発達障害者KIEIです。 この記事では、ポイント交換サイト「.money(ドットマネー)」の詳細を解説します。 ポイントサイトやアンケートサイト利用者には、ポイント交換先として十分にお世話 ...

続きを見る

PeX(ペックス)の詳細を解説 ポイント運用可能な交換サイト!

こんにちは!発達障害者KIEIです。 この記事ではポイント交換サイト「PeX」の詳細を解説します。 基本的な利用方法は、同じくポイント交換サイトである「.money」と同様です。 しかし、「PeX」に ...

続きを見る

下記バナーから登録すると通常よりお得にすぐたまを始める事が出来ます

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

-ポイントサイト

© 2021 発達障害者KIEIのブログ Powered by AFFINGER5