KIEIのプロフィール

はじめまして!KIEIです。いつも読んで頂きありがとうございます。

KIEIってどんな人?

1990年代生まれ。男性で関東地方在住です。

広汎性発達障害と気分障害で精神障害者保健福祉手帳2級を所持しています。

発達障害のタイプは受動型です。

障害発覚まで

幼少期から食べ物の好き嫌いが非常に激しく、両親も手を焼いていたそうですが、成長しても一切改善されず。

給食の献立によっては牛乳以外、一切手を付けないとかザラ。

そのため、アジフライやエビフライなど私が食べない事を知る同級生からメニューの予約が発生するなんて事もありました(笑)

中学卒業後、高校進学しましたが環境の大きな変化に全く対応出来ず。

徐々に夜眠れない、泣き出す、玄関で立ちすくむなど精神状態が悪化。精神科へ通院し、気分障害との診断を受ける。その年で高校を退学。

その後、発達障害の検査を受けるものの当時は詳細を知らされず20歳で告知を受ける。

告知された時は思い当たる節も多く、妙に納得したのを今でも覚えています。

一方で自分と健常者がどう違うのか、釈然とせず悩んだ事もありました。

自分からしてみればこれまで揉め事を起こしたり、激しく浮いたりもなく、普通に生きてきたつもりだったからです。

現在

2014年頃に精神障害者手帳の取得を考えました。

この時ぐらいから自分の障害や症状と向き合い始めたと思っています。

手帳取得後、一向に改善が見られない症状を考慮して自宅でも出来る事を探し、ポイントサイトやアンケートサイトでポイント稼ぎを始めました。今で言う「ポイ活」ですね。

更に自分の部屋にあったフィギュアやゲーム、マンガなどをネット買取サービスで売却。

2015年頃から今まで貯めていたお年玉やお小遣い、不要品の売却で得た資金、両親から融資してもらった20万円で株式投資を始めました。

初めて買った株は「双日」。

しかし、購入の3日後にチャイナショックが発生して見事に狼狽売り。私にはビギナーズラックは起こりませんでした。

その後は少額でちまちま稼いだりIPOで一発当てたりして現在に至ります。

これからの目標

恥ずかしながら親に経済的に依存しており、生活のほとんどを頼っている状態です。

将来的にこの状態からの脱却が目標になります。

その為には収入の増加と収入源の多角化が不可欠だと考えています。

症状の大幅な改善が見られれば就労も大きな選択肢になりますが、現状では大幅な悪化はないが改善もしていないというのが通院先の先生の判断です。

現在は株式投資が比較的順調に成果を上げており、アンケートサイトで収入を少し底上げといった感じです。

既に不要品の売却は終了して自室に売るものは無くなり、自宅で出来る新しい収益機会の創出という点でブログを始めてみた次第です。

成果を上げられるかは未知数ですがコツコツと目標に近づけるように頑張っていきます。

 

2020年8月27日

© 2021 発達障害者KIEIのブログ Powered by AFFINGER5